カテゴリー
テレワーク 人事評価 活用事例

【人事担当必見】在宅勤務でもオンボーディングを成功させる方法

Goalous編集部のしばこです。

採用の仕事をしていて嬉しいことは、入社された方が生き生きと働いている姿や活躍されている姿を見ることです。そのために、入社された人に対して新しい環境下でもすぐに力を発揮してもらえるようサポートするのも、人事の大事な仕事のひとつです。

しかし最近はコロナの影響で在宅勤務となり、直接お話したりオフィスでの様子を見たりする機会がぐんと減ってしまいました。
オンボーディングに限った話ではありませんが、相手の様子をしっかりフォローするところがまずは大事です。
Goalous(ゴーラス)なら、それが可能です。
ということで今回は、Goalousを活用したオンボーディングをご紹介したいと思います。



Goalousを活用したオンボーディングの3ステップ

ステップ1:あるべき姿から目標設定

まずは入社された方に会社が大事にしているカルチャーや、期待のマイルストーンを説明します。そしてそのマイルストーンを実現していけるような、オンボーディング用のゴールを作成します。(業務に関するゴールは関係するプロジェクトメンバーと別途たててもらいます。)

たとえば私たちの会社では、半年後のあるべき姿を「オープン・チャレンジ・キズナというカルチャーを根底に自分らしく活躍し、プチ成功体験を実現する」と定めています。
オンボーディングのゴール設定においては特に前半のカルチャー体現に着目し、これを自分の言葉で置き換えてゴール設定を行ってもらいます。
更に、具体的な数値に落とし込んだKRも決めていきます。

ステップ2:アクション投稿を追いかける

ゴールとKRが定まったら、アクションをどんどん投稿してもらいます。
最初は慣れないので投稿内容に不安を感じる方が多いです。それを払しょくして楽しくGoalousを活用してもらうためには反応することが重要です。反応があると人は嬉しいものです。
ゴールをフォローすればアクション時に通知が来ますから、「いいね」を押したり、コメントを入れて、必ずリアクションしましょう。
アクションを追うことで、入社した人の活動をふわっと把握することができますし、リアクションすることでモチベーションを上げることもできます。

ステップ3:GoalousとGoalous外の世界をリンクさせる

最後のステップは、Goalousの中のやり取りを外に展開していくことです。
例えば、困りごとや新しいアイデアに関する発信があれば、「〇〇さんが詳しいからそれについて一緒に話してみましょう」とミーティングをセッティングして実際に話してみましょう。Goalousの投稿を現実世界のコミュニケーションにリンクさせることでぐっと関係性が深まります。
在宅勤務におけるコミュニケーションは、業務に終始する傾向があるため効率的である一方、関係を広げていくことが困難です。これは新入社員にとっては結構クリティカルな問題です。Goalousを活用すれば、このように新入社員と既存社員を繋ぐこともできますし、初めて話すことになった際にも、「Goalousであんな投稿してたよね」とネタに困りません。
Goalousの中のことと、外の世界をうまくリンクさせてあげれば、新入社員と既存社員のコミュニケーションを促進することができるのです。



まとめ

Goalousで目標を設定すれば、アクションを通じて定点観測が可能です。
それに対してしっかりリアクションをとってモチベーションを高めること、そして現実世界の関係性の展開に役立てていくことが、周囲の人間がやるべきことです。
人事の方やこれから新しい仲間を迎える方は、ぜひこれらを参考にしてみてください。

目標を進捗させる楽しさやGoalousによるベネフィットを感じてもらうことができれば、その後も自発的にGoalousを活用して目標に近づく行動を続けてくれるはずです。
そうすれば、オンライン下であってもその人の行動を追ってサポートし続けることができますよ。

さて、今回はGoalousを活用したオンボーディングについてお伝えしました。
15日間のフリートライアルプランもありますので、興味を持っていただけた方はぜひお気軽にお問い合わせください。
無料セミナーも毎月開催しています。

The following two tabs change content below.
Kiyo Koshiba

Kiyo Koshiba

ColorkrewのHR担当。 ColorkrewのビジョンをColorkrewらしく叶えたい。 同じ方向見て走っていける人を探しています。また、Colorkrewの人たちが働きやすい環境を追求しています。
Kiyo Koshiba

作成者: Kiyo Koshiba

ColorkrewのHR担当。 ColorkrewのビジョンをColorkrewらしく叶えたい。 同じ方向見て走っていける人を探しています。また、Colorkrewの人たちが働きやすい環境を追求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です