ゴール作成の改善

My Goals

改善の目的

ゴール作成機能をGKAによりフィットさせ、かつスムースにシンプルに進められるように改善します。近日中にこの新しいゴール作成をみなさんにご提供します。
いくつかの特徴を以下にあげます。

1. 4つのステップで

  • ゴール作成を4つのステップにすることで、それぞれの項目をシンプルに認識して順に進められる。
Create a new Goal
Create a new Goal

2. ラベル

  • ゴールの検索性を高めるために、ラベルを登録できる。
Lavels
Lavels

3. TKR

  • TKR(Top Key Result): ゴール達成に最重要なKR
  • KR(Key Result): ゴール達成への具体的指標を含む主たる成果
  • TKRは、ゴールにつき1つのみ必須で登録する
  • TKRは、KRの中で最高の優先度をとなる
  • TKRが、ゴールを端的に捉える指標となる
  • TKRにより、ゴールへ向かう活動の集中を図りたい
Top Key Result
Top Key Result

4. ゴール達成の最上位基準と目的の廃止

  • KR作成の柔軟性を高めるために、ゴール達成の最上位基準を廃止
  • ゴール達成はすべてのKRを完了することという定義となる
  • 抽象的で主観的欲求を示す概念である「目的」を廃止
  • 「目的」は、「ゴール名」に含めて表現可能
Abolish the Purpose
Abolish the Purpose

アクションをムダにしないためにも

なにがゴールで、なにがそのKRか。この結論を間違えると、すべてのアクションがムダになる。よって、ゴールやKRを短絡的に決定するのではなく、ある程度の時間をかけ、かつ複数の眼で検討を重ねるのがよい。特にKRは、キーとなるものだけにシンプルに絞って、明確な指標として掲げる。それを集中して目指す。その時初めて、アクションがいきる。

投稿者: Kohei Kikuchi

Kohei Kikuchi is the Goalous project leader.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です