カテゴリー
モチベーション 用語集

モチベーションを一瞬であげる魔法の言葉は「ありがとう」

Goalous編集部のだーはらです。
今、この記事を読んでくれている読者のみなさま。
本当に、ありがとうございます!

突然ですが、あなたはこの「ありがとう」という言葉を周りの人にどれだけ伝えていますか?

この「ありがとう」は日本語で感謝の気持ちを表す言葉として、日常でも職場でも使われていますが、この言葉にどれほどのパワーがあると思いますか?

先に、答えを言っておきます。
「ありがとう」のパワーは∞です。

「ありがとう」という言葉はとても大切な言葉として、小さい頃から教えられてきましたよね。
私も、自分の子どもたちに何かにつけて「なんかいう事ことなーい?」ってありがとうを言わせたがります。(教育的にこれが良いのかどうか置いといて…。)

今回は、この「ありがとう」という言葉について改めて考えてみたいと思います。

この記事を読み終えた時には、あなたはきっと誰かに「ありがとう」を伝えていることでしょう。

「ありがとう」は人の心を動かし、人を成長させる言葉

まず「ありがとう」の由来ってなんでしょうか。

「めったにない」「めずらしい」を意味する「有り難し」という言葉が語源である。
「ありがとう」は有難しの連用形「有り難く(ありがたく)」がウ音便化したものである。

また仏教語であったとも言われ、『法句経』にある生命の驚きと感動を伝える言葉が、時代と共に感謝を表す言葉となったとも言われている。by Wikipedia

「有り難し」はその言葉から見てわかるように、「有る」ことが「難しい」ということで、「めったになく貴重である」といった意味になりますね。でも逆に言うと、「難」が「有る」っていうことじゃない!?
では、その「難」って何か?それは、「困難・災難・苦難」だということ。

困難や災難があったら、全然ありがたくないじゃない…。

でも、よく考えてみましょう。
人は、その「難」を乗り越えていく力を身につけ、乗り越えていけばいくほど成長していく。
「難」が一つもない人生では、人は自ら考えることも動くこともないんじゃないかと思えてきます。
だから結局、人生において「難」が「有る」ことがありがたいという考えはとても納得がいきます。

とりあえず私は「これまでの人生の困難、災難にありがとう!」と感謝しておくことにします。

「ありがとう」があなたと周りを変える

「ありがとう」という言葉は、言われた人も言った人にも良い影響があるとされています。
どれだけの効果があるのかは、数値では計れません。
でも、世の中のありとあらゆるシーンでの「ありがとう」が原動力になることは間違いないでしょう。

1. 家族やパートナーからの「ありがとう」

これだけで家事も仕事も育児も頑張れる気がしますネ。(※個人差はあります)
「言わなくても、分かってくれているだろう。」から一歩踏みだしましょう。言葉にするだけで、いまよりはるかに良い信頼関係が生まれます。

2. 見知らぬ人からのちょっとした「ありがとう」

以前、私の前を小走りで通り過ぎていった女性が数メートル先で何かを落としていきました。私は慌ててその落とし物(車のカギだった)を拾い大声で叫んだのですが、耳にイヤホンをしていて声が届かない!またまた慌てて猛ダッシュで彼女に追いつきました。
息切れ、汗だくの私を見て、目を丸くしながら彼女は満面の笑みで「わー!!全然気づきませんでした!本当にありがとうございます!」と言われました。
大した事ではないですが、この日私はなんだか一日気分も良く穏やかな気持ちでいられました。

3. 上司や職場メンバーからの「ありがとう」

営業職などの対顧客の仕事の場合は、お客様からの「ありがとう」がやっぱり仕事のやりがいを感じる瞬間ですよね。
でも、会社の中には誰かに言うほどでもないけど、やらなければならない仕事(別名、名もなき仕事)をやっている人だっています。
そんな時、周りから「ありがとう」をもらうだけで、ちゃんと見てくれていることがわかるし、とても嬉しい気持ちになります。

「ありがとう」を伝えよう!

直接「ありがとう」を言葉にすることはちょっと照れくさい。ましてや、最近は在宅勤務なども増え、部下やメンバーに直接声をかける機会も減った方もいるかも知れません。
そんな時はツールをフル活用しましょう!

Goalous(ゴーラス)なら、社員のそれぞれの日々の活動が見え、それに対していいね!やコメントを入れられるので、日々の活動に気軽に「ありがとう」を伝えやすい場所です。

最後に「ありがとう」の対義語は「当たり前」です。

今までできて「当たり前」だったことも、「当たり前」じゃない日が突然来ることもあるのです。

いま「ありがとう」を、伝えましょう。

カテゴリー
モチベーション 人事評価 人材育成 用語集

フィードバックの意味を考える

フィードバック( Feedback )の意味をマジメに考えたことがあるだろうか。フィードバックってなんだ?

フィードバックとは行動した者に刺激を与えることだ

普段わたしたちが仕事などで日常的に用いているフィードバックとは、次の定義だろう。

「知覚」と「意思決定による行動をする能力」を備え、知覚したことに対して何らかの学習をした後に「行動」する人と、その行動を観察する人のいる状態を考える。

このとき、「行動を観察」した人が、行動した人の「学習」に影響を与えるように知覚へ刺激を与えることをフィードバックという。

フィードバックの定義 – by Kohei Kikuchi

図に表す。

単純にいうと、フィードバックは「学習に影響」させて、期待する「次の行動」を促すための活動だ。それがフィードバックの目的だということ。つまり、期待する次の行動がみられなければフィードバックに失敗したと考えていい。

フィードバックには、ポジティブとネガティブがある

ポジティブ(正)なフィードバックが働いている場合、行動は、量としては増大する。身体が破綻するまでとにかく増大する。逆にネガティブ(負)だと減少する。たとえばこうだ。

< POSITIVE >
あなたのプレゼンテーションは、おもしろかった。ぜひまた聞きたい。

< NEGATIVE >
あなたのプレゼンテーションは、つまらなかった。もう聞きたくない。

フィードバックは正直であればよいのか?どうだろうか。言葉が行動に影響するというのは以前に述べた。言葉を容易く雑に扱ってはならない。言葉を受け取った者の「次の行動」を決めてしまうからである。

つまらないプレゼンを「つまらない」といって何が悪いんだ。そうしなければ、相手の成長はない。そういう言いにくいことをズバッというのが優秀なビジネスマンであり、それが正しく効果的なフィードバックなのである。

このように信じてる人が人類のほとんどかもしれない。いや伝統的に数十年間そう考えられてきた。ということは、100%間違えている(笑)。

カンザス州でこんな実験があった。

バスケットボールチームで試合の後にプレイのビデオを見る。チーム内で、次の2パターンのフィードバックを行った。

(1)ダメ出し。なぜゴールされたか、それはここで戻らなかったからだ。などなど。

(2)ミスは無視して、チームがうまくやれたところ、完璧にできたところだけを見せる。

結果。

なんと2)の方が圧倒的に大きな改善を示した。驚くべきことではないか。多くのビジネスチームは何をしているか。ひたすら「よくなかったこと」を挙げる。次にどうするか考える。(1)の方法だ。実はそれが全体の意欲そのものを削いでいることに気づかずに。。。よかれとおもって数十年。。。

もう一つおもしろいデータがある。

【ネガティブなフィードバックを与える】エンゲージメント(愛着心や思い入れといった感情)を「1」としたとき、それと比較して次の各行動はエンゲージメント何倍になるか考えてみてください。

(A)無視する

(B)ポジティブなフィードバックを与える

さあさぁ、それぞれ何倍になるか数字で答えてみてください。10倍の威力があると思ったら、10倍と答えてください。ネガティブフィードバックが1ですからね。怖い結果になるかもしれませんよ。

答えを書きます。

(A)1/30 :無視する

(B)40 :ポジティブフィードバック

ん?ってことは、ポジティブフィードバックは無視に対して
1,200倍
もエンゲージメントを高めるってことになる。無視するのは最悪の行動だったかー。そういえば、いじめの中での無視が一番苦しいってどこかのだれかがいってたなぁ。あー、フィードバックしまくらないといかん。しかも、1発のポジティブが、ネガティブ40回分のエンゲージメントを生むだなんて。。

『仁』がすべての根本だ

仁 / JIN という言葉を聞いたことがあるだろう。仁 ( Benevolence )というのは、「人を思いやる愛のキモチ」のことだ。孔子の教えの根本である。

極めて自然に、近親者を愛し、尽くし、あざむかず、あなたの私欲を抑え、素直に接すること。このマインドがフィードバックに関しても基本中の基本である。仁がなければ、人間同士のホンモノのコミュニケーションなんて成立しない。

今一度考えて欲しい。フィードバックは誰のためにあるのか。それは相手のためである。細かく観察を続け、仁をもって相手の心に触れ、ポジティブな表現を浴びせかけることで学習を促すこと。

「あなたのプレゼンテーションは世界一つまらなかった。僕はつまらないプレゼンが大好きだから、また聞かせてくれ」

改善したつもりか?そこに、仁はあるのかい?

次回は、具体例について考えてみましょうか。