業務改善のためにも目標管理を再度見直そう!最適な手法とは

働き方改革が国主導で推進されるようになり、業務改善を含めた残業の見直しが求められる昨今、業務量を減らさずに行える改善方法に悩む企業も多いのではないだろうか。

ここでは、業務改善に役立つ目標管理のメリットや方法、具体的な目標管理のシステム化に役立つツールについて紹介する。ぜひ経営戦略に役立てていただきたい。

業務改善のためには目標管理から見直す

一見、適切に目標管理が行えていれば、業務改善につながるということは当たり前のように感じる。しかし、適切な目標管理というものは、そう簡単には行えない。以下では、改めてどういった目標管理が業務改善を可能とするのかについて、実際に運用するうえで重要になるポイントを踏まえながら説明する。

明確な目標を設定することで部下のモチベーションを上げる

業務改善をするためには、業務量の軽減だけではなく、働く人のモチベーションを上げることも大切だ。そのために目標管理が有効な手段となるが、設定をするうえでいくつかポイントがある。

まず、組織全体の目標と個人目標の方向性が一致していなければならない。これは目標を決定する時点だけでなく、上司との定期的なミーティングやフィードバックで確認するといいだろう。

また、簡単に達成できてしまう目標ではモチベーションのアップには繋がらず、達成以後にモチベーションが低下したり、ただ与えられた仕事をこなしているだけになったりする懸念もある。やや高めの目標設定にし、やる気を引き出せるように意識したい。

期間や目標数値などを具体的に定めておくのも有効だ。成果指標や目標達成に向けてのアプローチ方法も明確になるため、行動を起こしやすくなるだろう。

進捗管理ができ、適切なフィードバックができる

目標管理は、進捗管理とも関連が高い。これは、目標を設定した以後のフォローやバックアップを行う必要があるためだ。このフォロー作業に必要なのが進捗管理であり、達成状況に合わせてアプローチ方法の修正や、場合によっては目標そのものの見直しを行うこともある。

進捗管理では、管理側だけでなく個人もそれぞれのスケジュールを管理し、管理側が確認できるシステムづくりが大切だろう。うまく進捗管理が機能すれば、達成状況やスケジュール都合に合わせ、定期的に適切なフィードバックができるからだ。

業務改善を進めていくためには?

業務改善を進めるにあたり、目標管理によって改善ができる部分なのか確認するためにも、原因と解決方法を事前に検討しておくべきだろう。

業務を阻害している原因を突きとめる

業務改善は、業務を進めるうえでの問題の核となる部分、つまり原因を突きとめなければ、改善方法を打ち出すことができない。そのため、まずは何が問題になっているのかを明確にする必要がある。

ただし、原因が見つかりにくくなっている場合には、原因を見つけるために目標管理を活用するのも1つの方法だ。業務のプロセスや現状を可視化することができ、問題点が見つかりやすくなる。

部署や役職階級、年齢などでフィルタリングして、「残業が明らかに長いのはこのグループ」など、他と比較検討できるため、原因の所在を絞り込むことができる。

問題を解決するための方法を考える

業務の問題点が判明したら、解決方法を考えることになる。今までの業務内容を変更せず、かつアウトプットも減らすことなく解決するシンプルな方法として、作業時間の短縮が挙げられる。

作業時間の短縮を行うには、業務プロセスの見直しが欠かせない。業務プロセスとは、作業方法や順序、情報共有方法など多岐にわたるもので、目標達成へ向けて仕事をしていく「やり方」部分のことだ。

目標管理を行えば、現状把握が容易になるため、プロセスの見直しにも適しているといえるだろう。また、業務内の時間短縮を進めるには、情報共有の効率化も有効な手段になるので、積極的に取り入れたい。

目標達成のために取り組むべきこと

原因を突き止め、目標管理を活用した改善方法の導入を決定した際、目標達成のためにできる、具体的な方法はどのようなものがあるのかを説明する。

目標と進捗を見える化する

業務内にあるタスクを管理し、見える化を行い、一括管理できるシステムづくりが有効だ。今あるさまざまなタスクそのものを見直し、決定した目標から逆算してやらなければならないこと、成果指標をリストアップ、タスク化するのもいいだろう。

タスク管理が見える化できれば、優先度や重要度の見極めができ、業務の担当まで一元管理・把握を行えるようになるだろう。つまり、社員によって業務負担の偏りが見える化できるため、負担軽減や業務スピードアップに貢献できる。

情報共有しやすいシステムを導入する

タスク管理だけでなく、情報共有のスピードアップも目標管理システムを活用して行うこともできる。例えば、マニュアルの電子化や社内SNSの活用、ファイル共有などが行えるようなグループウェアの導入が望ましい。

弊社開発のGoalousなら、目標管理に役立つツールが多数あり、情報共有や社内SNSとしても活用できる。1on1だけでなく、部署やコミュニティごとのグループでやり取りも可能だ。写真やファイル共有も可能で、チームメンバーそれぞれの目標に対する進捗状況も、フィードを見れば容易に確認することができる。ぜひ業務改善の一助に役立てていただきたい。

まとめ

目標管理は、業務改善による生産性向上に役立つ経営戦略の1つだ。システムの導入により運用を適切に行えば、社員個人に自主性が芽生える社内風土を作ることも可能になるだろう。

目標管理の上で重要になるコミュニケーションも、Goalousの社内SNSツールを使用すれば、手軽に行うことができる。ぜひ弊社主催の無料セミナーなどを活用し、Goalousについて知っていただきたい。

管理職のための目標管理とは?

管理職は、個人以外にも部署やチーム全体の目標として設定する必要がある。また、部下の目標設定の際には指標となるよう、会社全体のものと方向性を合わせる必要もあるだろう。

ここでは、管理職が行うべき目標管理の方法やポイント、目標管理がもたらす会社への意外な良い影響について紹介する。また、運用に役立つ目標管理ツールやセミナーの紹介も行っているので、ぜひ参考にしてほしい。

管理職が掲げるべき目標とは

管理職にとっての目標管理は、一個人としてだけではなくチームやプロジェクトメンバー全体の利益になるように意識する必要がある。

チームの目標を達成

管理職の目標決定は、組織・チームの方向性を示す指針にもなるため重要である。特に明確な数値目標の達成を意識し、簡単に達成可能なものではなく挑戦的な目標を設定しておきたい。

さらに、部下の達成状況に応じてフィードバックやアドバイス、成果指標の修正にも対応しなければならない場合もあるだろう。

そのような場面でも対処できるように、常に会社の目標に準じているか、方向性を確認しながら対処し、目標達成を「チームとして」目指す必要がある。

部下の育成

管理職の目標設定は、部下の育成も目的としている。例えば、チーム全体として決めた目標を達成するために、メンバーのフォロー業務が管理職に求められる場合もあるだろう。

部下が最大限に能力やモチベーション、価値観や理念を発揮できる場を提供することがチーム全体の利益になりうるからだ。

また、部下の自発性を伸ばすことも大切になる。部下のキャリア形成イメージを理解した上で、的確なアドバイスを行うことが求められるためだ。そのためには、管理職につく社員自身のスキルアップや部下との信頼関係の構築も並行して行う必要がある。

管理職における目標の設定方法

管理職の目標設定は、以下のような点に留意して行うとよいだろう。管理職の部下や、さらに上の社員にも伝わりやすい目標を設定しておきたい。

組織全体の目標をもとにして作成する

目標を設定する趣旨の根本は、会社の成長や利益の向上である。会社の組織全体が目標として定めている内容から、乖離しないように注意すべきだろう。企業目標をもとに、部署、プロジェクトチームや営業などのグループ、さらに個人へ落とし込む形で設定する。

「管理職が設定する目標は具体的な数値を盛り込むとよい」と前述したが、部署やグループ全体の目標数値がメンバー社員の数値目標トータルとすり合わせる、もしくは個人目標を修正していく必要がある。

そして、その目標を達成できたときに、財務や利益の面でどのような結果に結びつくのか、発展に貢献できるのかを意識し、イメージしながら設定するとよいだろう。

目標達成のためのプロセスを明確にする

目標設定だけで終わらずに、目標をどのように達成していくのかプロセス・成果指標を細かく決めることが大切だ。1カ月、1週間、1日単位など期間を決定する方法もある。

また目標管理の運用においては、PDCAサイクルと呼ばれる、計画・実行・評価・改善を実行することが求められる。特に、目標達成に至るまでのどの時点で評価を行うかを統一しておきたい。

OKRのようにプロセスや過程を重視する場合もあれば、MBOのように目標達成そのものを評価することもあるだろう。これは会社全体を通して、目標管理の運用をどのように活かすのか検討する必要がある。

管理職の目標管理を効率的にするには

目標管理を会社全体で導入するに伴い、業務量の増加という懸念がある。目標管理には上司、部下のコミュニケーションが不可欠で、目標管理を上手く活用していくうえで信頼関係の構築が求められる要素の1つとなる。

これは、目標達成に向けたアドバイスやフィードバック、見直しをスムーズに行いやすい雰囲気を作るために欠かせない。コミュニケーションを積極的に取れる環境づくりには、社内SNSの活用が便利だ。

弊社開発のGoalousなら、社内SNSとして1on1のやり取りだけでなく、部署やサークルごとに複数のグループチャットを行うこともできる。

写真やファイルの送信も可能なので、仕事の連絡だけでなく、プライベートの気軽な報告にも使えるため、コミュニケーションの場として活用しやすい。また、社内SNSとしてだけではなく、目標の進捗管理やフィードバックが行える機能も充実している。

コミュニケーションを円滑に行いながら、同時に目標管理ができるため、業務軽減や働き方改革での残業を減らしていく経営戦略にも役立つだろう。

また、活動時間を増やすには、コミュニケーションの効率化も必要になる。個人の能動的な力と社員の一体感をつくることで、それらを叶えることができるのだ。

まとめ

目標管理は、個人だけで完結するのではなく会社全体での運用が大切になる。特に管理職は部下の目標管理と並行して、自分の目標を達成していく必要があるのだ。

Goalousのように目標の達成状況をひと目で把握できる、目標管理ツールを活用することで、負担軽減にも繋がるだろう。目標管理と社内SNSの機能を兼ね備えた弊社Goalousを経営戦略に活かしていただきたい。

目標管理を通じて人材育成をするには?

人材育成を行ううえで、社員一人ひとりの目標を管理することは、会社全体の育成コストの削減だけでなく、事業成長にも役立つため、経営戦略の1つとして考えている企業もある。

ここでは、目標管理の重要性やメリット、目標設定についてどのような方法で管理することが適切なのか、導入方法についても述べている。

適切な目標設定が人材育成につながる理由

適切な目標設定は、どのように人材育成に活かせるのか。

その理由と、目標設定を管理するメリットについて紹介する。

社内のモチベーションアップが図れる

目標設定はモチベーションアップにも重要である。

目標を明確にするだけでなく、成果指標・目標へのアプローチ方法にまで落とし込んだうえで、活用したい。

このプロセスによって、どうすれば目標達成できるのか、現状の改善点を客観視できるなど、社員個人の自主的なモチベーションアップを促すことにも繋がる。

これは「セルフ・モチベーションスキル」と呼ばれ、自発的にモチベーションを高く維持し、社内環境を整えるうえで、重要な役割をもつ。

個人のモチベーションアップができれば、部署内、社内全体のモチベーションも上がり、結果的に業績や発展にも繋がるだろう。

また、社員個人が業績に貢献している意識をもてる環境は、自分の働きが会社の利益になるという責任感や、会社を背負うメンバーの一員であることへのコミット力が高まるメリットもある。

社員のスキルの向上に役立つ

目標達成のための成果指標として、専門的なスキルが必要になる場合もあるだろう。

会社から「このスキルを身につけるように」と指示されるよりも「必要だから取得する」という、自主的なスキルアップに役立つ。

また、自主性の向上により、現状維持ではなく発展向上するための、問題意識が芽生えるメリットもある。

ここで出てくる問題意識は、問題解決にあたる自主性だけではない。
目標達成するためのスケジュール管理を含め、自分で創意工夫し改善しようとする姿勢を意味している。

人材が成長するような目標を設定するには?

目標管理を行うとき、まず目標設定を適切に行う必要がある。

ここからは、そのためにポイントとなる要素について紹介する。

現状把握をする

目標管理に重要なのは、到達に至るためのアプローチ方法を明確化することにある。

例えば、その過程で壁となる事象が発生した場合、解決を求められることもあるだろう。
このとき、現状どのような問題があるのか、現状を客観的に把握する必要がある。

現状から課題を正確に見つけ出し、課題の解消のためにできる行動指針の決定を行うことになる。この繰り返しによって目標達成を目指すため、現状を適切に把握する必要がある。だからこそ目標管理は大切な要素になるのだ。

具体的な目標を設定する

目標設定は、具体的な目標を設定することで人材育成においても、より効果的なものになる。

例えば、定量的な数値を決定することだ。
「何をどのくらい、いつまでに」という形で、数量や期日などを盛り込むとよいだろう。

より客観性のある目標になるため、成果指標を立てやすく、目標管理を行う側も把握やフィードバックが行いやすい。また、個人の能力や現状に合わせて、段階的に目標もしくは成果指標を変動させていく方法もわかりやすい。

ただし、個人で決定させてしまうのではなく、1on1面談などを通して客観的なアドバイスをもとにブラッシュアップできる仕組みをつくっておきたい。

人材育成のための目標管理はどう行うべき?

目標を管理する仕組みが重要になるが、管理者の業務負担が増加してしまうため、効果的な導入を行う必要がある。

ここでは、目標管理を効率化できるシステムツールや管理のポイントについて紹介する。

目標管理のためのツールを導入する

目標管理を行うための管理ツールを導入すると、業務の効率化に役立つ。

例えば管理ツールであれば、進捗状況を表やグラフ、色分けなどのフィルターをかけて管理できる。

そうすることで、ひと目で管理している社員全体の状況を把握できる、「見える化」が簡単に行えるのだ。

また、自分自身や評価管理者から目標、達成状況に対して評価できる機能もある。

この機能は、目標達成を評価するMBO、達成へ向けてのプロセスを重視して評価を行うOKRなど、さまざまな経営戦略に活用できる。

会社全体で目標を共有するように管理する

個人の目標を、本人と評価管理者間に留まらず、会社全体で共有し合うシステム管理が重要である。

設定した目標の方向性が、会社全体が目指す方向と合っているかを、確認することにも繋がるからだ。

企業全体の目標を達成するために、部署やプロジェクトチームごとで個人の目標を設定する必要がある。その際、個人目標の達成を企業の目標達成にリンクさせる必要があるだろう。

そのためには、目標管理の仕組みを社内に浸透させることが重要になる。

目標を互いに把握し合う仕組みづくりの1つとして、コミュニケーションを活発化させる方法を検討してみてはどうだろうか。

例えば、コミュニケーションツールである社内SNSを活用すれば、従来のメールよりも気軽に業務報告や連絡を取ることが可能になる。

ここで紹介するGoalousは、目標管理形式として世界的に優れていると言われる「OKR」の考えをベースにし、「自発性」「コラボレーションによる一体感」そして「楽しい」を生みだす事を目的に、新しい目標管理形式を生み出した社内SNSツールである。

Goalousは、個人間だけでなく複数のコミュニティごとのやり取りや、写真・ファイルの添付まで行える、目標管理ツールとして唯一、アクションの考えも取り入れたサービスなのだ。
 

まとめ

目標管理による人材育成は、結果的に社員全員のモチベーションアップや、業績管理にも役立つ仕組みである。目標管理を行ううえで課題とされていた管理者側の負担に関しては、効率的に管理を行う必要がある。Goalousをうまく活用すれば、こういった課題に悩むこともなく、効率的かつ円滑に目標管理が行える。

効率的に目標管理をしつつ、人材育成を行うのであれば、Goalousの導入を検討してみてはいかがだろうか。

目標管理システムの導入メリットは?

目標管理システムは、人事評価や社員のモチベーション、自主性のアップに最適な経営戦略の1つだろう。
目標管理を行ううえでの利便性だけでなく、コミュニケーションツールとしての機能や、導入・運用開始するためのサポートの充実度も重視したい。

ここでは、目標管理システムの導入によるメリットや注意点、運用のポイントを押さえながら、最適なシステムツールについて紹介する。

目標管理システムの主な機能

目標管理システムの導入によるメリットは、システムの機能面を知れば見えてくるだろう。

ここでは、目標管理システムの主な機能や強み、システム内で行える業務について紹介する。

目標の設定

目標管理システムではまず、組織全体の目標を定めることになる。

ただし、管理システムで重要になるのは、組織目標と関連する形で部署やプロジェクトグループ、個人にいたるまで目標を細かく決定することにあるだろう。

この目標設定は、成果指標やプロセスの間違いの修正を含め、定期的にフィードバックやブラッシュアップを行う必要が出てくる。目標管理システムで重要なのは、この目標に向かって「ビジネスを加速させる要素に優れたものであるか」という点ではないだろうか。
社員と管理者双方の負担軽減にもなるだろう。

進捗管理

進捗管理もこのシステムで重要な役割の1つである。

進捗管理ができていれば、事業計画全体のスケジュール管理や、プロジェクトの進捗状況に応じた問題点の洗い出し、修正を行うことが可能になるからだ。

定例会議などで、進捗状況の報告から始まるような書面でのやりとりではなく、目標管理システムを利用して進捗管理を「可視化」したとする。結果、会議の時間や報告を待つことなく一括管理が普段の業務中からできるため、スピーディな修正やブラッシュアップが可能になる。

評価機能

評価機能では、目標の達成率だけでなく途中のプロセスを含め、社員が自身で評価を行うことができる。

上司や管理側の人間は、この社員それぞれの自己評価からフィードバックを行うことで、次のステップアップや改善に繋げることも可能だ。

社員が自分で評価を行うことで、客観的に自身の成果指標や目標そのものを見直す、きっかけ作りにもなる。
目標管理システムを使えば、これらの評価・フォロー作業、見直しもシステム上で行うことができるため、社員と管理者双方の負担軽減にもなるだろう。

目標管理システムを導入するメリット

目標管理システムを導入することで得られるのは、システム面の利便性だけではない。導入によって会社全体の利益につながるメリットには、以下のようなものもある。

社員の自主性の向上に役立つ

MBO(目標管理制度)やOKRで提唱されているように、目標達成のために尽力しようというモチベーションを高く保つのは、社員の自主性向上や業績アップに非常に役立つ要素である。

また、その目標の達成状況によって適切な評価を得られるか、というのもモチベーションに直結してくるだろう。

目標管理システムを適切に運用することで、評価する側に正確な情報の共有がなされるメリットもある。目標管理の可視化は、社員全てにおいてメリットがあるものといえるだろう。

適切な人事評価ができる

人事評価担当者にとっても、評価する社員が複数いる場合の一元管理が可能になるため、業務負担の軽減につながり、かつ相対的な評価がしやすくなる特徴があるのだ。

グループとしての評価だけでなく、チームからプロジェクトメンバー個人の実績まで把握でき、評価や改善を促すフィードバックが、どちらも容易になるだろう。

さらに目標管理システムは、目標達成に向けて尽力した過程やプロセスを重視するOKR、目標の100%達成を評価するMBO、どちらの手法にも適している。

目標管理システムを導入したときの注意点

目標管理システムの導入には、注意すべき点もある。

システムに頼り切った運用を行うのではなく、運用者や会社全体で積極的に活用することを心がけたい。以下で詳しく見ていこう。

部下に目標を設定させる

目標設定は必ず、部下(本人)に行ってもらう必要がある。

個人目標を上に立つ人間が行うよりも、自分で決定することで仕事への責任感を与えられるからだ。

ただし、すべての目標設定を任せてしまうのではなく、会社全体での方向性を示した上で、プロジェクトグループ全体の目標、個人目標に落とし込むようにしたい。

そのためには、部下の目標を上司が把握し、会社の目標から方向性のずれがないように指導、フィードバックを逐一行うことが大切になる。

コミュニケーションを密にとる

コミュニケーションを密にとるのも、目標管理システムの運用において大切な要素だ。

例えば、メールでのやりとりで距離を感じるのは、署名や挨拶文面などの形式にとらわれてしまう面が、大きいのではないだろうか。

改善するには、気軽にやり取りができる、社内SNS機能のある目標管理システムを導入するとよいだろう。

弊社開発のGoalousなら、個人間だけでなくグループやサークルごとのコミュニケーションを、気軽に行うことができる。

目標管理システムの運用は、社員と上司(人事評価者)の信頼関係の構築にも役立つ。
信頼している上司からのフィードバックは、モチベーションアップに繋がる要因の1つだ。

Goalousは、世界的に優れた目標管理形式といわれる「OKR」の考え方をベースにした上位互換である「GKA」を、SNSでシステム化した唯一のサービスである。

GKAならOKRの考えに、目標達成までのアクションの要素も加わることから、各個人が自主的にアクションを起こして、成果を生み出しやすい仕組みを作り出すであろう。

社内のモチベーションをよりアップしたいのであれば、ぜひGoalousを導入してみてはいかがだろうか。

まとめ

目標管理システムの導入は、システム側に完全に任せてしまうのではなく、運営者が積極的に社内風土や文化として定着させる必要がある。

Goalousは、上下関係の情報格差のない企業運営や、エンゲージメント経営と呼ばれる信頼関係の構築に見られるような社員の能力を、最大限引き出す企業経営に適したツールになっている。

働き方改革を実現させるには社内SNSの活用を

働き方改革を国主導で推進している現状、社内SNSの導入を検討している企業も多いのではないだろうか。

社内SNSは、従業員間のやり取りを簡略化し、スピード感ある運営に役立つものではあるが、他方では「社内SNSを導入したものの、メールに戻ってしまった」という声もあるようだ。

ここでは、社内SNSのメリットだけでなく、効果的に導入するにはどうすればよいのかなど、社内SNS活用のポイントについて紹介する。

働き方改革の実現に社内SNSが効果的な理由

働き方改革の影響により、業務量は変わらないまま「残業を抑える方向にシフトしている」という企業もあるのではないだろうか。

ここでは、社内SNSが占める業務量の軽減、円滑化のポイントについて紹介する。

情報共有がスムーズになる

社内SNSを活用することで考えられるメリットは、リアルタイムにコミュニケーションを取ることができるという点だ。メールのように、書式への配慮や署名設定などの必要がなくなるのだ。

また、グループチャットを利用すれば個人間だけでなく、直接会話に参加していないメンバーにも情報共有ができるため、よりオープンな環境で意見交換を行うことも可能となる。

このようなスピード感は、SNSの大きな長所であり、積極的に社内SNSが取り入れられている理由の1つだろう。

無駄な時間を省ける

メールでは文面が定型的になりがちだが、SNSでは必要事項のみの文面でやり取りが行えるため、「送る側・読む側双方にとって」負担軽減に繋がる。

また、気軽にやりとりが行えるため、上司や部下などの肩書きに左右されず、積極的にコミュニケーションを取れるメリットもある。

コミュニケーションだけでなく、必要事項や情報の共有を時系列で確認できるのも利点だろう。例えば、営業や会議中でリアルタイムにSNSを確認できない場合でも、後から容易に振り返ることができる。

このように、送る側だけでなく確認する側にとっても時間を省くことができ、空いた時間にやり取りが行えるため、業務の効率化に役立つ。

社内SNSをうまく運用していくためには

単純に社内SNSを導入すれば、業務の負担軽減に直結するのではなく、どのように活用していくのか、明確なビジョンを提示する必要があることを留意したい。

どんな働き方を目指すのか明確にする

国が推進する働き方改革では、残業を減らす、有給取得を義務化するなどの相対的な労働時間の削減が求められている。

しかし、企業それぞれにスポットをあてたとき、安易に労働時間を削るのは逆効果になることもあるだろう。

例えば、重要事項の確認や取引先とのやり取りなど、どうしても削減できない業務もあるはずだ。そのような状況における社内SNSの役割は、先に述べたような情報共有やコミュニケーションの簡略化、スピードアップにあるといえる。そして、これらは結果的に工数削減につながる。

また、効率化のみに留まらず社内コミュニケーションの活発化により、相手のプライベート事情や状況を把握することもできる。

その結果、互いに有給や育休取得のフォローをする精神的なモチベーション維持にも繋がり、働き方改革の理念に合う企業風土にもなってくるだろう。

ガイドラインを作成する

社内SNSを導入する場合、注意しなければならない点もある。

その中の1つが「SNSでどこまで発信を行うか」という問題だ。
Twitterなどのように、発言の仕方や捉えられ方によっては、炎上がおきて、人間関係の悪化を招きかねない。

口調に注意する、他人の悪口に繋がる発言は禁止する、などのガイドラインを作成しておくべきだろう。仮に、細かな項目にまで言及せずとも、モラルのある行動を心がけて使用することを促したり、ネットリテラシーについての研修を行ったりする形で、周知することができる。

社内SNS導入によって、会社としてどのような使用方法をイメージしているのかを提示することで、メリットを最大限に引き出す運用に繋げていきたい。

働き方改革に社内SNSを使用するならGoalous!

導入が決定した後は、どの社内SNSを使うべきか考える必要がある。むろん、導入するのであれば、しっかりと仕事で成果が出るものを選ぶべきであろう。

作業を効率的に、かつコミュニケーションを活発にさせたいのであれば、Goalousをおすすめする。

Goalousは弊社で開発したSNSツールで、目標管理に優れており、個人の目標設定や達成状況の確認がしやすいという特徴がある。

フォトアクション(写真投稿)機能による情報共有も可能で、部署やサークル単位でのグループ作成もできるため、1on1やWinセッションにも役立つ。

インサイトなどのランキングで貢献度やエンゲージメント状況をひと目で確認できるため、社内SNSを導入したものの改善したのか分からない、という懸念も払拭できる。

また、目標管理形式として近年注目されている「OKR」の上位互換として、Goalousでは「GKA」を採用している。

OKRの場合、組織と個人の目標に一貫性を持たせ、各々目標を達成するための成果を具体的にする必要がある。

一方、GKAでは目標を設定するというより、目標とリンクしているビジョンのみを設定。一人ひとりが、自身の思い描くビジョンに近づこうと楽しみながらアクションすることができる。そして、結果的に目標も達成されるという仕組みを取り入れているため、社内のモチベーションアップに一役買ってくれるであろう。

社内のモチベーションを高めつつ、目標管理を行いたいという方は、以下のページも確認してみてはいかがだろうか。

まとめ

働き方改革で求められている就業時間の短縮を、業務内容を減らさずに行うのは至難の技である。その上で、情報共有や連絡に付随するやりとりの簡略化は喫緊の課題といえるだろう。

社内SNSを効果的に活用すれば、情報共有のスピードアップのみならず社内コミュニケーションを活発化させることができ、エンゲージメント経営にも役立つのではないだろうか。

この機会にぜひGoalousの導入を考えてみてほしい。