社内コミュニケーションを活性化させる施策は?

社内のコミュニケーションを活性化させ関係性を良好に保つことにより、社員はモチベーションを上げることができ、生産性の向上が期待できる。うまくいけば企業はブランドイメージを上げ、高い顧客満足度を得ることができる。

では、コミュニケーションを活性化させるためにはどのような施策があるのだろうか。全体的なコミュニケーションを活発化させるためには、レクリエーションや社内SNSが効果的である。

また、横の関係性を良好にするためには、社内公募制度や社内研修。縦のコミュニケーションを円滑にするためには、従業員満足度調査やメンター制度など効果が期待できる施策がある。それぞれのメリットと、導入におけるポイントを紹介する。

活性化のメリットとおすすめの施策

コミュニケーションが円滑に進むと、どのようなメリットがあるのだろうか。また、そのためにはどのような施策を打つと効果的なのだろうか。以下で、詳しくみていこう。

企業の利益につながる

コミュニケーションを活性化させることで得られるメリットのひとつは、個人間や部署間の垣根を越え、「横」の繋がりをもって業務にあたることができるようになることだ。チーム全体、もしくは部署同士が連携することで個人の業務の拡張にも繋がる。

また、上司や役員との「縦」のコミュニケーションをしっかり取ることによって、企業内全体で会社のビジョンを共有することができるようになる。

ビジョンを共有すると、自分の業務が何のために必要とされているか、自分は社内でどのように成長していきたいか、といったモチベーションや目標設定に繋がる。さらには、全体的な生産性の向上に繋がることが期待できる。

コミュニケーションの重要性を意識して取り組むことで得られることは、社員の意識向上だけではない。社内の人間関係が円滑な場合、働きやすい会社として世間から認知され社員の定着率が上がり企業イメージがよくなり、顧客満足度の向上にも繋がるといわれている。

問題に合った施策を実施しよう

企業が会社全体のコミュニケーションを活性化するためにとり入れられることとして、社内SNSやレクリエーション、社内報といった方法があげられる。

SNSとは、近年導入が進んでいる情報共有ツールのひとつである。個人間や部署間でそれぞれがどのような業務に取り組み、どのような役割を果たしているのかということが見えやすくなる効果がある。

拠点が異なる場合でも、SNSであれば情報が届くためコミュニケーションのハードルは低くなると考えられる。

その他にも、レクリエーションとしてスポーツ大会などのイベントを開催したり、社内の出来事をまとめた社内報を発行するなど、各部署の様子を共有しながら関係性を育むことができる。

部下と上司、先輩社員と新入社員などの縦のコミュニケーションを円滑にするためには、メンター制度が有効であるといわれている。

業務上直接関わることのない先輩社員が新入社員の「メンター(指導者)」としてつくことで、将来へのビジョンや社会人としての能力の向上に関するサポート体制を整えることができる。

また、従業員に対して業務や労働環境等に関するアンケートを取り、それを数値化することで従業員満足度の向上を図る、という方法も効果的であるといわれている。現状を把握し改善点を洗い出すために有効活用することができる。

同僚同士や部署間でのコミュニケーションを取りやすくするためには、社内研修が有効であるといわれている。新入社員研修だけではなく、経年や階級、職種など、それぞれに見合った研修を行うことで一体感が生まれ、横の関係性を強くすることが期待される。

その他にも、社内で希望の部署への能動的な異動を叶える社内公募制度も、横のコミュニケーションを円滑にする効果があるといわれている。社員が自発的に行動することで、部署内の空気が入れ替わるため、その関係性がよくなる可能性が高い。

施策を成功させるためのポイント

組織において新しい行動を起こすことは、困難な場合も多い。何を意識し、どのように働きかけを行えば目的であるコミュニケーションの活性化へ繋げることができるのだろう。

意識しておきたいことは?

社内の人間関係を円滑にし、コミュニケーションを活発化するためには、その目的を明確にする必要がある。会社のトップがしっかりとその目的を提示し、社員がそれを理解することが円滑な社内コミュニケーションの第一歩である。

業務は個人レベルで完結することはほとんどなく、チームや部署、ひいては企業全体を巻き込んで遂行する必要がある。

そのためには目的やゴールを共有し、社員一人ひとりが当事者意識を持ち、互いを理解し繋がろうとする能動的な意思を持つことが重要である。

そして、もう一つ大切なことは「少しやってみよう」というチャレンジ精神である。しかし、闇雲に挑戦するだけではなく、「やってみた結果上手くいかないかもしれない」ような場合は、そこでストップし、切り替えて別の方法を試してみる行動力も必要だ。

効果的に進めるには?

いざ、コミュニケーション活発化のために行動を起こそうと思った時、つまり何か変化をもたらそうとする時に不安はつきものである。「社員のため」「企業のため」とはいっても、多くの人が重い腰を動かそうとしない場合が多いものだ。

そんな時は、企業のトップや上司など、決定権を持つ人達へ働きかけ、味方につけることで変化は起こしやすくなる。また、イベントなどの効果がすぐに出やすい施策と、社内報など効果が後になって現れる施策を並行して行うという方法も有効であるといわれている。

そうすることで結果を実感しやすく、働きかけに説得力が生まれやすいと考えられる。

明確に目的=ゴールの設定が必要ということなら
Goalous(ゴーラス)の導入が有効である。まず、企業のトップが社員全体へゴールを示し共有するところがスタートであるため、社員は自分たちが向かう方法をいち早く理解することができるのである。

まずは、15日間の無料トライアルからGoalous(https://www.goalous.com/)を試してみてほしい。

セミナー参加の申し込みはこちら
経営者向け 目標管理セミナー

まとめ

社内のコミュニケーションを活性化させる方法はいくつかある。しかし具体的には、どのように進めていけばよいのか悩んでいる企業が多くあるのも事実だ。

新しいことを始めるのは多少の勇気が必要となるが、トライ&エラーを繰り返すことで自社にあったコミュニケーション方法が見えてくるはずだ。

社内のコミュニケーションが不足する原因と改善策

多くの職場において、対面でのコミュニケーションを取る機会が減少している。メールなどITツールを使っての情報共有が増加しているため、方法が一本化されていないことも原因のひとつと考えられている。

コミュニケーションが不足すると、上司や役員、同僚や部署間のミスやトラブルを誘発するような問題も起こりうる。このような状況を打開するためには、どのような改善策が考えられるだのろうか。詳しく解説する。

社内のコミュニケーションが不足すると……

厚生労働省の調査によると、職場で抱えるストレスの原因が「職場の人間関係である」と答えた人の割合は3割を超えている。人間関係に問題があると、コミュニケーションの不足が起こり、結果としてミスやトラブルに繋がることが多い。

何故このようなことが起こるのだろうか。

【参照】平成29年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概況

不足による弊害

コミュニケーションが不足すると、具体的にはどのような弊害が起こりうるのだろうか。人間関係が複雑化し円滑なコミュニケーションが取れない場合、質問や確認が取りにくいため大きなミスに繋がりやすい。

また、ハラスメントが常態化するなどの精神的なリスクを抱えることにもなりかねない。その状況が長く続くと離職率の上昇に繋がることもある。

それだけではない。同僚や先輩とのコミュニケーションが取れない状況では、将来のビジョンが見えにくいうえ、将来設計を立てることが難しくなり、成長が見込めない状況に陥ることになる。すると、仕事の幅が広がらず頭打ちの状態が続いてしまう。

離職率が上がり個人のスキルアップが望めない状況が続くと、生産性が下がり企業の業績低下に直結するという事態になりかねない。

それだけではなく、コミュニケーションが活発でない場合は、お互いがどんな仕事をしているのか分からない状態にあるため、不正やコンプライアンス違反に繋がる可能性もある。

不足する原因は?

一体なぜ、社内のコミュニケーションを上手く取ることができなくなっているのだろうか。その理由のひとつに、手軽なメールなどのITツールに頼り、対面でのコミュニケーションが少なくなっているという点があげられる。

現代ではITツールが発達し、メールだけではなく社内SNSなど多様なコミュニケーション方法を選ぶことができるようになった。

しかしその反面、方法が一本化されず簡略化がいきすぎ、重要な情報のやり取りが煩雑化し人間関係そのものが困難になってきているといえる。

また、他部署との関係性や、上司・部下、役員と社員など、縦や横の関係を上手く繋ぐことができず、コミュニケーションが図れていないことも考えられる。

加えて、以前と比べて「個人のコミュニケーションスキルそのものが下がっている」という声も聞かれる。業務は、個人レベルやひとつの部署のみで完結するものはほとんどなく、チーム内や部署間で足並みを揃えて遂行する必要がある。

しかし、コミュニケーションが不足していると質問や確認、業務の依頼などがしにくい状況に陥りトラブルを招く可能性が高まると考えられるのだ。

社内のコミュニケーションを改善するには?

それでは、どのように工夫をすればコミュニケーション不足を解消することができるのか。ひとつは、ITツールだけではなく対面でのコミュニケーションの機会を増やし、コミュニケーションの方法のバランスを取ることだ。

上司・部下や役員と社員などの縦のコミュニケーション、もしくはチーム間や部署間などの横のコミュニケーション、それぞれに合ったコミュニケーション方法を採ることでそのしこりを取り除いていくことが重要である。

コミュニケーションの機会を増やす

不足しているコミュニケーションを増やすには、関係性に合った方法を採ることも必要である。例えば、上司と部下の関係性であれば、上司が一人ひとりの部下と1対1でミーティングを行う「1on1ミーティング」が有効であるといわれている。

企業によっては、直属の上司だけではなく、他部署の管理職や役員との1on1ミーティングを推進しているケースもある。

その他にも、先輩社員が新入社員について仕事に関するノウハウを指導する「メンター制度」を採り入れることでコミュニケーションが活発化し、関係性が良好に保たれるという場合もある。

また、横の関係性をよりよくするために、個人の席を決めずその日やタイミングによって自由に席を移動できるフリーアドレスを採り入れている企業も多い。

それによって、人間関係がチームや部署内に留まらず他部署との交流が自然と図れるようになり、結果として横のコミュニケーションが円滑に取れるようになるのだ。

コミュニケーションの課題は縦や横に留まらない。会社が一丸となって取り組む、レクリエーション活動を企画することにより「斜め」の関係性が広がることもある。

部署だけではなく、拠点の垣根も越えて関係性が広がることで、コミュニケーションが格段に取りやすくなる効果が期待できる。

コミュニケーションツールの導入

コミュニケーションを活発化する方法として、社内SNSやビジネスチャットなどの社内専用ツールを採り入れる企業が増加している。

メールよりも簡単に気軽に情報を共有できるため、コミュニケーションを取りやすくする方法のひとつと考えられている。即座に情報を共有することができるため、メールや会議の回数が激減する反面、やり取りをする情報の量は多くなるというデメリットもある。

新たな社内コミュニケーションツールの導入には、コミュニケーションを活発にするための機能が充実している、Goalous(ゴーラス)を役立てて欲しい。

セミナーへの参加はこちらから
経営者向け 目標管理セミナー

会社全体で企業としてのゴールを共有することができるため、社員は自分がどのように会社に貢献しているかを常に念頭に置くことができる。

また、個人がどのような業務にあたっているかを発信することができ、投稿を見た同僚は「いいね」や「コメント」をつけることができるため、個々のモチベーションアップにも繋げることができるのだ。

まとめ

社内でのコミュニケーションの有無は、業務の効率化へ大きく影響されることは明確である。しかし、多くの会社はそのことに気付いていない場合がある。

業務の効率化を図りたいと考えたときは、まず、コミュニケーションが上手く取れているか否かを考えることが必要だ。社内のコミュニケーションが不足している場合は、その原因を洗い出し、改善策を打ち出し行動を起こすことが賢明である。

社内SNSが失敗する理由は?どこを見直せばいい?

組織のコミュニケーションを活性化させるために、社内SNSを導入する会社が増えてきている。しかし、社内SNSを使って成功する会社もあれば成功しない会社もある。成功する会社、成功しない会社は一体どこに違いがあるのだろうか。

社内SNSが失敗するような使われ方を事前に防いで、対処しているかどうかが成功と失敗に大きく影響している。一度誤った使い方をすれば、どこから見直せばよいのかが分からなくなる。そうした社内SNSの失敗事例を紹介しながら、導入を成功させるための方法を探っていきたい。

なぜ社内SNSは失敗するの?

社内SNSを活用するためにも、失敗事例から学ぶ必要がある。不成功に終わるのは、本来の目的から外れたような使い方をした場合だ。社内SNSを運用するためのルールを作る必要があるだろう。

社内SNSでよくある失敗パターンを挙げながら、未然に失敗を防ぐための方法を紹介したい。

よくある失敗

よくある失敗パターンを3点挙げる。

1.プライベートな投稿が多い

社内SNSの目的は、コミュニケーションを円滑にすることだ。積極的に交流をして距離感を近くすることは重要だが、あくまでも業務上の話である。業務とは関係のないプライベートばかり投稿すると公私混同を招く。

業務外の情報を共有することは、決して悪いことではない。しかし、あまりにも多いと業務への集中力や生産性は落ちてしまうだろう。社員によっては、業務とは無関係のコミュニケーションが嫌がられこともある。

2.メンバーの利用度に差がある

グループ内のメンバー全員が参加意識を持つことが大切だ。コメントや投稿をする頻度が従業員によって差があれば、チームや組織への帰属感が薄れてしまう可能性もある。

問題は、従業員が疎外感を抱いてしまうことだ。積極的に利用をする人が目立つようになれば、孤立してしまったメンバーはグループ内に入れなくなるだろう。

3.経営トップによる不用意な発言

経営者や幹部が不適切なコメントや軽はずみな発言をすることで、従業員からの信頼は一気に崩れてしまう。

発言力が大きい立場の人間は、用心深くならなければならない。油断をした発言は、尊厳を失う恐れや従業員にストレスを与えるリスクもある。社内SNSでは、とりわけ批判的な発言はご法度であると用心した方がよい。

失敗を防ぐには?

認識の甘さが、社内SNSの導入を失敗させることが分かった。失敗を防ぐための方法も3点伝えよう。

1.業務に関する投稿内容を中心に

社内SNSという名目であるからには、投稿する内容は業務内の範囲に留めるべきである。社内SNSを使って、頻繁にプライベートなやり取りをする必要はない。

交流を活発化させる方法は、私的な内容以外にもある。社内においては、目標を実現するために必要なコミュニケーションに限定した方がよいだろう。

2.全メンバーが参加

運営担当者やリーダーが、全メンバーが投稿に参加できる環境を作るといいだろう。個人にメッセージを送って、利用を促すだけでも構わない。グループの輪に入りやすいきっかけをきちんと与えるとよい。。

3.特定の人物への批判

グループ内で名指しの批判はしないことが重要である。自尊心を傷つけるだけではなく、従業員同士の関係を悪化させる要因となる。不平不満を言いたい場合は、SNSを通してではなく個別で直接伝えた方がよい。メンバーの関係を良好に保つためには、他人の失敗や誤りを社内SNS内で責めないように配慮が求められる。

役に立つ社内SNSにしよう

失敗事例と失敗を未然に防ぐための方法を取り上げたが、なぜ失敗が繰り返されてしまうのか、背景にある問題を洞察してみたい。失敗する原因を特定させて、社内SNSを成功に結びつけるポイントを紹介する。

失敗の背景にあるのは?

社内SNSが失敗する背景は、導入をする目的が明確になっていないことが多い。

「どういった問題を解決するために」「どのような目標を実現するために」社内SNSを活かすのか明らかではないということだ。たとえ目的を設定していたとしても、従業員にまで浸透していないことも少なくない。

目的が分からない場合は、他のコミュニケーションツールと役割を混同させてしまう。社内SNSを使うことさえ社員にとっては手間となり、使うメリットも分からなくなる。最新のサービスを導入して、満足感だけを覚えるという結果にも終わってしまうだろう。

社内SNSを定着させるには?

社内SNSを成功させるための秘訣は、導入目的を明確にすることである。会社の方向性を明らかにして、目的に合ったツールを選ぶことが必要だ。

ゴール(目標)や活動内容を共有するなど、仕事に特化した社内SNSを探しているなら、Goalous(ゴーラス)が有効である。一人ひとりがゴール(目標)を作成すると組織・チームで共有でき、メンバー同士で進捗状況や達成率を報告できる社内SNSだ。個人のゴール達成だけではなく、企業の目標をチームで協力して実現したい場合に役に立つ。

セミナーへの参加はこちら↓
経営者向け 目標管理セミナー

まとめ

社内SNSを導入しても活用できていない事例について分析してきた。社内SNSが失敗するのは、目的を明らかではないことに起因する。

どんな目的を設定すべきか考えると同時に、失敗するような使い方は回避していくことが重要だ。対策さえすれば、事前に防ぐことができる。

チームで連携をしてゴールを達成するためにGoalousを導入して、全社への定着を目指してほしい。

社内SNSを定着させるには何をすればいい?

多くの企業は、社内SNSを導入する目的のひとつに「コミュニケーションを円滑に行うこと」を挙げている。しかし実際には、導入した社内SNSを思うように活用することができず、どうすればよいのか悩んでいる企業や担当者の声をよく耳にする。

導入した社内SNSを定着させて上手く活用していくために、何をすればよいのか解説していこう。

社内SNSが定着しない理由

社内SNSが定着しない理由のひとつには、準備不足が大いに関係している。以下で、導入時に失敗する原因を見ていこう。

導入時に9割が失敗

プライベートでもSNSへの興味・関心が薄い人や、もともと社内で積極的な交流を行なっていない会社が、社内SNSを導入すると「9割が失敗」するといわれている。理由として、以下のようなことが考えられる。

何を書き込んでよいのか分からない

社内SNSの導入目的が明確化されてない場合は、社員が何を書き込んでよいのか分からない事態が発生することが多くある。

社員間のコミュニケーションを高めようと社内SNSの使い方やルールを限定せず、自由にし過ぎると「どのような場面で投稿を行うべきか」「どのような内容を投稿すればよいのか」が分からないため、定着しづらく活用がされにくいからだ。

一方で、SNS導入前からコミュニケーションが盛んである組織や、もともと社内メールの機能などが充実している場合も、定着率はよくない。あえて社内SNSを活用しなくても、用件が済んでしまうことが理由である。

一部の参加者だけで盛り上がっている

もともと、コミュニケーションが得意な人と苦手な人がいる。メールにおいても、こまめに都度返事を返すタイプの人とそうでない人がいる。

また、業務と直接的に関連性が低く、社内SNSを「社員間のコミュニケーションのみ重視したSNS」という見方をしている人は、プライベートと仕事が混在してしまうことを避けたいと思ってしまうかもしれない。

このような人が多くいると、社内SNSは一部の参加者だけで盛り上がってしまい、それを見ているだけの人はますます入りづらくなる。結果として利用する人が限られてしまうことになりかねない。

導入前の準備が肝心

社内SNSを定着させるためには、導入前の準備が肝心である。

導入する目的を明確にする

たとえば導入する目的が「積極的にコミュニケーションを取りあえる環境をつくりたい」など漠然としすぎていると、使い方も人によって異なり目的に沿った活用がされない場合が多くある。

導入にあたり、社内SNSを活用することでどのようになることが望ましいのか、事例を用いて社内で説明を行っておくことが理想である。「何のために導入するのか」というゴールを明確にさせておくことで、活用する目的が理解できていくのだ。

書き込む内容のルールを決める

FacebookやTwitterなどのSNSは、メールよりも情報発信を手軽に行うことができる。このような手軽さや自由度の高さから、自身の中に発信する目的がないと投稿すべきか否か判断に迷うことも多くある。

社内SNSも同様で、役割が明確化されていない場合やテーマが決まっていないと「何を発信すればよいのか」判断に迷うことになってしまう。

利用方法を指導する

これまでにはなかった新しいシステムや、ツールを導入して定着・活用させるためには、まず利用方法を理解させる必要がある。導入するには、基本的な利用方法はもちろん注意点もあわせて指導を行うべきだ。

定着までのステップ

定着をさせるためには、順を追ってステップを踏む必要がある。社内SNSを導入するメリットやツール選びの重要性を解説しよう。

まずは小規模で始める

単一で行うのではなく、複数の部署でチームを組み少人数、小規模で始めてみることをおすすめする。メールや電話よりも広い情報伝達の力を持つのが社内SNS。

他のチームで行っている取り組みを互いが知れることにより、これまでよりも仕事に対するアイディアが生まれる可能性も高まる。

また、業務の中に社内SNSの利用を組み込むこと継続しやすくなることが考えられる。社内SNSの利用でひとつでもメリットや効果を感じることができれば、組織全体に拡大を行っていく。

ツール選びも大事

社内SNSを行う際には、ツール選びも重要な要素となる。グループを組んでいると、個人宛でない分、各々がどこか無責任になりがちになる。

そのため、知らせたい情報が流れないことや知りたくない情報まで流れてきたり、必要な情報がほかの情報に埋もれ見逃されてしまうことにもなりかねない。

社内SNSの目的のひとつには、情報の共有がある。必要な情報を知らせたいメンバーに届くようにしなくてはならない。また、顧客情報や履歴との紐づけが行えれば有意義なツールとなる。

Goalous(ゴーラス)は、社内SNS機能もついたコミュニケーション型目標達成サービスであり、個人のゴール(目標)とアクション(活動)を写真付きで共有できる。使い方がよく分からないなど、導入を迷っている場合は、セミナーから気軽に参加してみるとよい。

セミナーのお申し込みはこちらから↓
経営者向け 目標管理セミナー

まとめ

社内SNSは、使い方次第で非常に優れたツールとなる。そのためには導入前の準備が大切であり、目的を明確化しておくことも必要となる。

導入するツールにお悩みならGoalousを選択したうえで、小規模から導入を始めて全社的な定着を目指すことをおすすめする。

社内SNSのメリットは?どのように運用すればいい?

SNSはもはや、我々の社会生活になくてはならないものになった。社内でのやり取りを活性化させるため、SNSの導入を考えている経営者も多いだろう。

しかし、SNSは特性を理解して計画的に運用しなければ、社内に浸透していかないことが多い。そこで、社内SNSの特徴と利点・欠点・運用方法などについて解説していこう。

社内SNSとメールの違いは?

SNSは、社内の情報を迅速かつ簡単に共有できる。また、グループ機能を使えば、複数の社員に向けて同時に同じ情報をタイムリーに発信できる。

しかし、メールのように履歴がしっかりと残らず、過去のメッセージを検索しにくいという欠点を持つ。導入にあたっては欠点を把握した上で、利点を活かした運用をしていく必要がある。

メールと比べて優れているところ

社内SNSは、メールと比べて情報のやり取りが素早くできるという利点がある。通知機能のあるSNSならば、受け取り手が気付くまでのタイムラグも少なくて済む。メールのように、受信されたメッセージが放置されてしまうといった危険は少ない。

スマートフォンや電子パッドなどの、持ち運べるデバイスでも利用できる点も強みである。一度に多くの社員に向けて、簡単に情報を共有できる。相手が外出中であるとか、休んでいるから「メールの確認ができない」といった事情には左右されづらい。

グループ機能を使えば、複数の社員に個別にメッセージを送る手間も省ける。効率的かつ、迅速に情報を行き来させることができる。メールにはないアクティブなやり取りを実現できるところが、SNSの最大の特徴といえるだろう。

メールのほうが優れているところ

しかし、SNSはその手軽さゆえの弱点も持っている。まず、リアルタイムでのやり取りを前提としているため、相手と自分が同時に、あるいはあまり時間差がない状況で操作できなければ、かえって連絡が滞ってしまいがちになる。

情報を細かく交換できる手軽さが、裏目に出てしまうことがあるのだ。その点、メールは自分の好きなときに見ることができる。送信側と受信側、各々が自分のペースで仕事をしつつ、時間を有効に使うことが可能だ。

また、メールは過去に送られてきたメッセージを素早く検索できる。SNSの場合、過去のやり取りは使用者が自ら内容を遡って探さなくてはならない。

明確な形で送受信の履歴が残ることも、メールの持つ大きな利点といえるだろう。ビジネスシーンにおいて、必要な事項を伝えたかどうかの確認は大きな意味を持つ。履歴が残るメールならば、「伝えた」「伝えていない」といった行き違いをある程度は防ぐことができる。

社内SNSにデメリットはあるの?

社内SNSのデメリットは、計画的に運用しなければ社内に浸透しない点にある。手間とコストをかけて導入しても、それに見合うだけの成果をあげる前に廃れてしまう危険があるのだ。

SNSを社内で普及させるには、あらかじめ導入の「ゴール(目標)」を定めておくことが有効である。

社内SNS機能もついている、コミュニケーション型目標達成サービスGoalous(ゴーラス)
が他のSNSと違うのは、会社の目指すところを周知しやすい点にある。まずは、社内SNSの問題点について見ていこう。

社内SNSの問題点

社内SNS導入に際しては、いくつか注意すべき点がある。新しいツールを取り入れるとなると、導入コスト、教育のために必要な経費と手間がかかる。すべての社員を教育するには、それなりの手間と費用がかかることを知っておかねばならない。

ソフトウェアによっては、インストール自体に費用がかかるものもある。そのため、予算に見合わないサービスを選べなければ、長期的な運用は難しいだろう。

SNSには、社内の活発なやり取りを促す効果がある。しかし、しっかりとした目的意識を持って運用に当たらないと、社員の間に浸透していかない恐れがあるのも事実だ。

ただの雑談の場となってしまうことや、社員が何を共有していいか分からず、放置されてしまう危険がある。

社内の一部の人間だけが使うようになると、SNSだけのコミュニティーが形成されてしまう。普段使っていない社員は疎外感を抱き、利用を避けるようになる。SNSは計画的な運用をしないと、導入に見合った成果をあげてくれないものなのである。

運用時の注意点は?

社内SNSを取り入れるなら、あらかじめ運用の目的をはっきりさせておき社員に周知させておくべきである。「なぜ」「何のために」使うのかを把握しておかないと、会社の利益には結びつきづらい。SNSを利用する社員がメリットを感じられなくなり、使用をやめてしまうこともある。

できることなら、書き込みの内容は業務に関わることに限定したほうがよいだろう。社内SNSは単なるコミュニケーションツールではない。雑談に利用される、業務とは関係のない連絡に使われるといった事態が頻発すると、会社にとっての利用価値は大きく下がってしまう。

また、社内全体でSNSを利用する前には、試験的な運用を行うことをおすすめする。まずは一部の社員や部署の間だけで導入するのだ。

小さなコミュニティーのほうが、目的意識の共有がしやすくニーズも拾いやすい。十分に機能するのを確かめてから徐々に広めていっても遅くはない。

Goalousは社内SNSの中でも、会社の目指す「ゴール(目標)」を設定できて浸透しやすいため、他の社内SNSと比較しても、小規模からの導入で成果をあげやすいといえる。

セミナー参加はこちらから
経営者向け 目標管理セミナー

まとめ

Goalousは社内SNSの特性を理解し、運用の補助となる機能づくりにこだわった。SNSの導入を考えている経営者には、前向きに検討して欲しいツールである。まずは小規模で、試験的に運用してみるとよいだろう。